市民大学院(文化政策・まちづくり大学校)  
 
 
〒600-8433 京都市下京区高辻通室町西入る
繁昌町290番地(旧成徳中学校)
TEL 075-354-9510
FAX 075-354-9520
 
 ホ ー ム   ブ ロ グ   時 間 割   特   徴   教室案内   交通案内   ダウンロード   リ ン ク   お問い合わせ 
地域を再生する生活文化産業 〜一人ひとりが「幸せ」を実感できる新たな事業群の創造 - 大倉朗寛 | ブクログのパブー
『地域を再生する
生活文化産業』

一人ひとりが「幸せ」を実感
できる新たな事業群の創造
大倉朗寛

ダウンロード購入可
国際文化政策 第3号(2012年9月): 国際文化政策編集委員会 - Amazon.co.jp
『国際文化政策
第3号(2012年9月)』

国際文化政策編集委員会

Amazon.co.jp
生活文化産業の可能性 〜「便利さ」から「真の豊かさ」へ、永続可能な新たな産業への期待〜 - 大倉朗寛 | ブクログのパブー
『生活文化産業の可能性』
「便利さ」から「真の豊かさ」へ
永続可能な新たな産業への期待
大倉朗寛

ダウンロード購入可

生活文化産業学
(第1・3木曜日 午後14時〜)

大倉朗寛・池上惇

講義概要

 いま我が国では、自殺者が年間3万人を超え、生活保護受給者が200万人を超えるなど、市民一人ひとりの生活の質低下が進んでいます。高齢化と少子化が同時に進みながら、日本企業の海外進出などにより国内の産業空洞化も加速して、各地域や国の財政も厳しい状況に追い込まれつつあり、各地域の生活や仕事における永続性が失われつつある状況にあります。そういった状況の中で、雇用を拡大して地域を振興する新たな産業の創出が強く求められています。
 そこで、生活文化産業学の講義では、衣・食・住という生活必需(ハード)に対して、知・働・集という付加価値(ソフト)によって固有価値を発見あるいは向上させ、美・感・脳という感性文化(センス)によって各地域における経済活動がより円滑かつ迅速に行われるようにする新たな仕組み<特にコモン・センス(=より高次元な共通認識)の形成を重視した新たな地域振興モデル>を構築し、生活文化産業の形成を通じて各地域における雇用創出と地域振興に微力ながら貢献することを目指します。後期は、前期の内容(理論編)を参照した実践編として各地域におけるケーススタディを取り上げます。

2012年度後期 各回テーマと内容

  1. 各地域における生活文化産業のケーススタディ/コモン・センスの探求 (10月4日)
     『国際文化政策 第3号』 の「真の豊かさを実現する生活文化産業―地域リーダーに求められる視点と力量―」を参照し、生活文化産業のケーススタディ(事例研究)を行う目的、特にコモン・センスの探求について議論します。
  2. ケーススタディ1/京都での取り組み辻本恵太、10月18日)
     シェア・オフィスやコワーキング・スペース、各種研究会活動など、同じ空間で作業または議論することによって形成されるコモン・センスを探求します。
  3. ケーススタディ2/大阪での取り組み山本泰三、11月1日)
     大阪で行われている環境に関する研究会活動について取り上げさせて頂き、特に環境・エネルギーの分野における大阪での新たな取り組みについて紹介します。
  4. ケーススタディ3/宮城・気仙沼での取り組み清水浩司、12月6日)
     東日本大震災から1年8ヶ月経った現状と今後について取り上げさせて頂き、被災地における生活文化の再生とコモン・センスの形成について探求します。
  5. ケーススタディ4/熊本・阿蘇での取り組み赤池文久、12月20日)
     九州北部豪雨から約5ヶ月経った現状と今後について取り上げさせて頂き、被災地における生活文化の再生とコモン・センスの形成について探求します。
  6. ケーススタディ5/アメリカでの取り組み古川まどか、1月17日)
     日本とアメリカの生活文化の違いに注目し、コモン・センスの形成について探求します。
  7. ケーススタディ6/イギリスでの取り組みシャグラン照子、2月7日)
     日本とイギリスの生活文化の違いに注目し、コモン・センスの形成について探求します。
  8. ケーススタディ7/奈良〜京都南部での取り組み米澤伸一、2月21日)
     関西で学生と企業が交流することによって形成されるコモン・センスを探求します。

リンク

教科書・参考文献・その他


 GALAPAGOS   iPad   Dropbox   Evernote   Skype   Google Apps   ネットプリント   Fax 
Copyright © 2017 市民大学院(文化政策・まちづくり大学校) All Rights Reserved.